車の買取時には自賠責保険の名義書き換え

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と呼び通称自賠責保険と言われるものになります。

自賠責保険は別名、強制保険とも呼ばれていて、クルマを決められた期間ごとの車検に通す時は、決まっている車検の期間に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。

つまりすべてのクルマに加入義務のあるものです。

それでは車に自賠責保険がついたまま売却した時にはどうか考えてみましょう。

自賠責保険というのは車検のときに更新する場合が比較的多くありますが、もし自動車損害賠償責任保険に入っている自動車を売却した時は、保険料が戻ってくるという事例はなかなかないと思います。

というのは、自賠責保険の加入をいったん外して、新たな所有者にシフトする作業は少なからず面倒くさいのです。

そのため、強制保険というものは、名義変更をした後にクルマと一緒に移すのが一般的です。

ただしその代わりの価格を代金に乗っけてくれるものです。

自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違って、支払った保険額を1ヶ月単位で割った額が返ってくるわけではなく査定に乗せるという方法が使われるのが基本ではありますが、これが買取査定シートに載ることはほぼありません。

ですから売却のときは自動車損害賠償責任保険の額が売却額に入っているかを注意したほうがいいでしょう。

自分が納めた額がいくらかを知っておけば見逃すことはないです。

自賠責保険の料金というのは、契約期間により違ってくるので、注意しましょう。

車の買取時には自賠責保険の名義書き換えをする必要があります。

この作業をせずに放っておいたら保険会社より自賠責保険の満期お知らせが来ることになります。

あなたの自動車がほんの少しでもお得に手放せることを応援させて頂きますね。

コンテンツメニュー

    Link